作成者別アーカイブ: nhsgmku

日本酒風呂

だけでなく、厚いコートを着る冬もワキガに悩んでいました。電車はもちろんのことファーストフード店でゆっくりしようとコートを脱いだ時は気持ちが駄々下がりしたものです。ファーストフード店のなかは調理しているからか結構暑いですよね。汗だくになった時にコートをイスにかけようものならメチャクチャ恥ずかしいおもいをしました。 ベビーパウダーを使ったり、パウダースプレーが欠かせなかったりワキガ対策はいろいろ試しました。ベビーパウダーはコスパ面にも使用感にも満足度が高いアイテムですが、ちょっと物足りない気もしました。お風呂でワキガ対策ができたら、それが昼間も効果的だったらとボディーソープを探したけどなかなかいいのが見つからないのです。いろいろ使ったらまた以前使ったのに戻ってみたりしました。良くても値段の面で使い続けるのは迷うモノもありましたので。日本酒をお風呂に入れると肌がしっとりするらしいと聞いたのが真夏日が続いていた時です。以前米の磨ぎ汁で朝の洗顔をしたら透明感がでて、肌がもっちりしたので試してみることにしました。日本酒もお米から作るし、肌にいいかなと単純に思っただけだったのですが効果は肌だけではなかったのです。なぜだか翌日のワキガが気にならず快適に過ごせました。やめたらいつも通りに悩んだので、しばらく日本酒ぶろを続けてみようかなと思ってます。

産後急にワキガになりました。

20年以上、自分のにおいに関してあまり気にすることなく生活していましたが、妊娠をきっかけに汗の量がすごく増えてにおいが気になるようになりました。また、出産したあとは明らかにワキガのにおいに変わっていきました。インターネットで調べると、元からワキガになる可能性を秘めていた人が、出産を機にホルモンのバランスなどが崩れ、ワキガになるということでした。私の場合、スポーツなどをしてしっかりとかいた汗のときにはにおいはしません。しかし梅雨時期のじっとりとした暑さや、緊張した時の冷や汗などの汗の時にワキガのにおいがでてくるようです。また一回においが気になっていても、クーラーのきいた涼しい部屋に入れば、一気に汗がひき同時ににおいもなくなります。しかし、夏場はどうしてもじっとりとした汗をかくことが多く、人と密着する場面も多々あったので、自分ですごくにおいが気になりストレスとなっていました。なので、ダメ元でしたがドラックストアで売れ筋ランキング1位になっていたデオドラントスティックタイプのクリームを買ってみました。使ってみると、あまりスーっとする感じはなく無臭なのに、汗が出にくくなりにおいも必然的に減りました。普通に生活する分には、ほとんど気にならなくなったと思います。お風呂上りに塗り、次の日起きるとやはり少しにおうので、一度洗い流してまた塗っています。そうすると、1日は落ちることなく継続されています。汗をかくことや人と近づいて話したり作業したりすることがストレスになっていたので、一気に改善されてとてもうれしいです。

困ってます

小さい頃から私はワキガに悩まされています。
お父さんがワキガで、私もワキガ、兄もそうです
小さい時はあんまり気にしたことはなかったですが、中学生くらいから本気で悩み始めました。
念入りにお風呂であらったり、スプレーを試してみたり、クリームを試してみたり。
今はとりあえずスプレーで済ませてますがスプレーも一時的なもので本当に効果があるのか?
街に出てワキガの人がいたら、敏感になるし、臭いし。
自分もそう思われてるんじゃないかと気になります。
汗もかきやすい体質なのか緊張したり、夏の季節がくると汗が凄いためなかなかTシャツが着れません。
着ると染みてきたり、匂ったりで困ります。
なのでキャミソールをきたり、Tシャツの上から上着を羽織ったりしてごまかしています。
結婚していて旦那は気づいていると思いますが、自分の口から言うのは嫌で、手術も考えていましたが理由を言うのも嫌で内緒でやろうかなとも思いましたが手術あとが数日、数週間残るらしいのでなかなか出来ません。
なのでネットで見て効く薬を買ってみたり、クリームを買って試しています。
最近はクリームを塗って、乾いたらスプレーをしています。
困ることが私はわきがは遺伝と考えているので子供が将来移ったらどうしようと悩まされています。
まだ3歳ですが、大丈夫かな?と毎日かくにんしています。
周りの話でもワキガの話をされてると私の話なのかなとか、気になってしまいます。本当に一番の悩みが解決できなくて悩んでいます。

ワキガの治療について

ワキガの治療は、皮膚科や美容外科によって行うことができます。診察が初めてという人は、まず皮膚科を受診することがおすすめです。美容外科は保険がきかないのですが、皮膚科であれば保険が適用されるというメリットもあります。
皮膚科であれば、すぐに手術というわけではなく、薬を処方してもらい、様子を見るということがほとんどです。汗を抑える飲み薬や脇の消毒を行う塗り薬などを処方してくれます。
薬を処方してもらっても、改善が表れない場合には、病院で手術を行うこともあります。もしくは紹介状を書いてもらって、美容外科で手術するという方法もあります。
ワキガの治療法や手術の方法は、様々な方法がありますが、症状や患者の気持ちに沿って方針を決めてくれます。美容外科で治療を行うことになった場合には、カウンセリングを受けた後、治療方法を相談し後日治療を始めることになります。手術方法によっては、後日抜歯をしたり、手術経過を確認することが大切な場合もあります。
手術方法としては、汗腺が汗を分泌するのを抑制する薬を注射するボトックス注射が一般的です。痛みがほぼなく、軽度の症状の人におすすめです。所要時間も5分程度で効果は1年ほどです。
効果を永久的にしたいという人であれば、レーザー治療が有効です。ワキガのにおいを起こす汗腺にレーザーを当てることによって汗腺を燃やします。痛みや手術跡もほとんど残らないのでおすすめです。
ワキガの症状が重い人は手術を受けても再発する可能性がありますが、軽い人であれば症状が消えることもあると思います。

ワキガ対策

妊娠中、急にワキガが強くなった私。夏だけでく、冬も厚着をすると嫌な香りがしていました。自分自身で気付くくらいだったので、周りにどれだけ臭いが伝わってるか心配で心配でたまりませんでした。服にも臭いが移り、とても嫌な気分でした。
その時私が使用したワキガ対策グッズは、ロールオンタイプとクリームスティックタイプの制汗剤でした。当事ワキガが強くて悩んでいた私にとって、スプレータイプのものは涼しくて気持ちよかったのですが、一次的な感じで、効果が薄そうだったので直接塗るタイプのものを使用していました。
私が利用していたロールオンタイプのものは、エイト・フォーロールオンせっけんの香り、クリームスティックのタイプのものはデオナチュレを使用していました。たいていは朝塗って1日そのままでしたが、臭いが気になるときは外出先でも塗り直していました。
最近では、臭いや抗菌はもちろん、汗染み対策で汗の量さえ抑えてくれる制汗剤があるからビックリです!
シートタイプの制汗剤はまだ試したことがないので、一度試してみたいです。
ロールオンタイプとクリームスティックタイプで一つ気になる点は雑菌が繁殖しないのかなという点です。触れた部分を交換できないので、どんどん汚れが接触部分に、あるいはロールして液体部分に広がらないか心配でした。
ワキガは病院で保険診療を使って治療できるということが最近よく広告されています。私も機会があれば一度受診してみようと思っています。